喘息持ちの私と我が家の仲良し3ニャン、保護ニャン達の日常の記録
獣医さんに健康チェックに連れて行きました
2009年07月31日 (金) | 編集 |
獣医さん~の帰りのタヌさんと帰った後の疲れて寝んねのエピさん。
タヌさん  エピさん
エピさん 5.55kg
タヌさん 4.8kg

エピさんはCRE値2.1と基準値を超えていました。
今後は腎臓サポートのご飯を混ぜて与える事になりました。

エピさんとタヌさんを獣医さんへ連れて行ってよかったです。
多分、フクさんがいなくなったから、残された子達も体調を崩します。
そして特にエピさんはストレスに弱いので、どういった対応したら良いか分かりますもの。
エピさんもタヌさんも14歳、何があるか分からない年齢なのですから、残された子達をたくさん甘やかして、そして私もフクさんがいなくなった寂しさを紛らわします。

わがままですが、フクさんがいなくなって、無理に元気にするつもりは無いです。
今までのようにフクさんの名前をこっそり呼んでます。
よく『タヌさん、エピさん、フクさ~ん』と呼んでいましたので。。。
そして22時のシニア組のおやつのお皿は今まで通り3つ用意してます。

フクさん用のは少しだけにはしていますが、いきなり2皿になると寂しくてしょうがないから。
今まで、お口が痛くて自発的に食べなかったフクさんは、おやつももちろん食べませんでした。
私がスプーンで一口分をお口に入れて、残りをタヌさんとエピさんで分け分けしてました。
だから今でも後で分け分け♪

フクさんの分のおやつ。
たまにエピさんが先に頂いていますが。。。
フクさんの分のおやつ   フクさんの分を頂きますのエピさん

スポンサーサイト
行ってきました
2009年07月30日 (木) | 編集 |
昨日の夜、私の布団で一緒に眠り、たまに撫で撫でして話しかけたり、泣いたりしていました。
ダンナもフクさんを撫で撫でしていました。

今日、10時過ぎにダンナとダンナのお母さんをお家まで迎えに行き、一緒にフクさんを見送りに行きました。
フクさんの大好きだった、赤いくまさんケットに包みました。
それと昨日獣医さんに預かって頂いたときに、せめて私の匂いのするものをと思い、急遽私の持っていたハンドタオルをフクさんの顎の下に敷いてもらった、ハンドタオルもお口の下に敷きました。

斎場までへは私は後部座席でフクさんの入った箱をひざに乗せていました。
もう泣けて泣けて。
フクさんを赤いくまさんケットに包み、箱に入れる前に少し抱っこしたのですが、その時も声を上げて泣いてしまいました。
情けないかも知れないけど、いいです。
亡くなった時にたくさん泣いておかないと、後々残りますので。
たくさん吐き出したほうがいいです。

橿原市の斎場でダンナの実家で暮らしていたワンちゃんも火葬してもらったそうです。
お骨は家にあるとまた泣いてしまうので、火葬してもらうことに決めました。
でも、ダンナは写真をフレームに入れて飾ろうと言ってくれています。

斎場に行った帰りに獣医さんに寄り、昨日の診察費の清算とお礼に行きました。
獣医さんの判断により、早めに退院させてもらい、お家に連れて帰ることが出来、住み慣れそして大好きだったお家で、最後の瞬間迎えることが出来たのですから。
それのお礼です。
院長先生曰く、フクさんのは老衰に近かったと思いますと。
フクさんのFIVキャリアーの関係で徐々に免疫機能が破壊され、骨髄で造血機能が働かなくなり、貧血を起こしたのかもしれないと。
腎臓もしっかり機能していたのだからと。
なんというか、老衰という言葉を聞いて嬉しくなりました。
推定15歳くらいのフクさんとしては老衰で大往生という言葉がぴったり当てはまると思います。
フクさん、大好きだよ。

そういえば数日前から、私のトイレに一緒に入らなくなったり、脱衣所に遊びに来なくなったり、前日くらいにふらつきながらお水を飲みに来たりと、思い起こせばゆっくり、ゆっくり準備していたのだなあ。


ダンナの仕事は年間スケジュールが決まっていて、替えがきかないから急に休んだりとかできません。
急に休みたいときは、職場の人にお休みを変わってもらったりしています。
今回は昨日と今日、一緒に組んで仕事をした人にダンナが理由を言ったそうです。
昨日は『早めに帰っていいよ』と言ってくれ、そして『明日も出勤、ゆっくりでいいよ』と言ってくれたそうです。
お陰でフクさんをダンナと一緒に見送ることができました。
正直、斎場に私だけで連れて行くのはかなり悲しかったから、ご好意がとても嬉しかったです。

ちなみにダンナに時間の融通をしてくれた会社の人は、自分の仕事をあまりしてくれなくって、困ったチャンな人みたいな感じでした。
でも今回の事で私の中では“とてもいい人”に変わりました~
この方もやはり以前にワンちゃんと一緒に暮らした事があるそうです。
経験があるから配慮して下さったのだなと思います。

長々と今日の日記を読んでくださってありがとうございます。
まだメソメソするかと思いますが、今後とも宜しくお願いします。

~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~
シニア組3ニャン~タヌ&エピ&フク
7/25撮影の写真です。
最近は3ニャン揃ってくれなかったのですが、この日は珍しく揃っています。
この辺りから準備はしていたのかもしれません。
もうこういう写真を新たに撮れませんが、たくさん撮りだめしているから!!


ありがとうございました
2009年07月29日 (水) | 編集 |
フクさん逝きました。
貧血で眠るようにして逝きました。
獣医さんに連れて行きましたが、獣医さんから連絡をもらいお迎えにいきました。
打つ手が無いとの事だったのでお家に連れて帰り、1時後に亡くなりました。
ダンナは仕事だったので看取れませんでしたが。。。

↓ココから下は長くなります。
今日のメモですので。

[READ MORE...]
ケナログさん出動です
2009年07月25日 (土) | 編集 |
フクさんのお口ですが、涎が出てきましたので7/22~塗布開始しました。
実はコレ、塗るのは大変でダンナにフクさんの前足を押さえてもらって塗っています。
ケナログを塗った後は涎がマシになるので、次のステロイド注射までの間隔を広げるために使用。
ステロイド薬は局所使用が効果的で、使用用量も少なくて済むので本来ならピンポイント使用が一番良いんです。
ただケナログは不味いですからねえ。。。
それにいくらピンポイント使用でも、ケナログ含有のステロイド薬は結構強い部類のもの。
悩みます。
実はケナログ塗布はあまりうまくないので、結構な量を指に付けて塗ってしまうのでそれも心配。

それにしても今年の6月から薬事法が変わって、薬剤師さんのいる薬局なら医療用の外用薬を売ってくれるので助かりますね。
今まで、外用薬もOTC用の一般薬扱いのと医療用のとが分けてあって、ドラッグストアに行くとOTC用の勧められて困りましたもの。(確か一般薬用の方が成分が薄かった気がします)

~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~
フクさんのご飯は最近、腎臓サポートのドライを砕かず1粒1粒与えています。
腎臓サポートはPHコントロールほど粒は大きくなく、ナチュバラドライ・シニアみたいに小粒なのでそのまま飲み込める感じかな?

ドライに変えてからも、やはりお口が痛いのか抵抗します。
どんどん増えるフクさんの引っかき傷、痛いです。。。
さらに昨日はフクさんの爪が私の親指の爪の間に入り、少し生爪が剥がれたみたいな状態になりました。
傷口は本当に2mm~3mm程度ですが、毎回傷口の上からフクさんの爪が当たると痛いです。。。


最近、夕方にバイオリンの練習を少しずつしているのですが、フクさんだけお迎えに来てくれます。
エピさんなんて、私がバイオリンを練習しだすと興奮して走りだすんですよ!!
そんなに聞いていられないほど酷い音って事かしら、エピさん?
シクシク。。。
それ引き換えフクさんは私の酷い音をものともせず、ただ眠って待つ。
う~ん、フクさんは可愛いです♪

↓この写真はお迎えに来てくれた時の写真です。
いつもこの後、フクさんのご飯の用意をします。
フクさん

久しぶりに見ました~
2009年07月16日 (木) | 編集 |
フクさん、22時のおやつの残り“黒缶プレミアム”をなめていました。
自分でご飯を食べる様子は最近は皆無に近いので、とても貴重です。

いやあ、嬉しいなあ。

最近はこの場所で寝る時もあります。
フクさん

強制給餌の方法は日々模索中です。
最近は“腎臓サポート”のドライフードなので少し楽になりました。

実はa/d缶を与えていると患部にあたるのか、それとも缶詰がとても沁みるのかは分からないのですが、とても泣き叫んで。。。
1口分をお口に入れるだけでも撫でて宥めてという状態で。
『虐待している?』と思われるくらい泣いて、窓を開けて強制給餌はできないような状況でした。
それにレーザー治療も芳しくなく、口内炎の一因として年齢的なものもあるかもと言われていました。

ドライフードになってから、暴れる具合もマシになって毎回の腕の引っかき傷が減って。
フクさん、ドライフードも舌の動きを使って、ドライフードを舌の動きで口の中から飛ばそうとするので、こちらも応戦!!
今は舌を動かしてドライフードを飛ばす前に舌を指でチョイチョイ触って、『英語のRの発音』になるようにしています。
そうすると舌で飛ばそうとしたフードは外に出ず、お口の奥に入ります。
日々、フクさんとの知恵比べです。
失敗してフードを飛ばされたり、横から飛ばされたりしますけと。。。

そしてあくまでも私の個人的な感覚なのですが、ドライフードなら飲み込みにくいかもと思い、何粒かに少しだけ水分も与えています。
使っているのはコレ↓
プラボトル/39cc:マンデイムーン 

強制給餌のグッズ

これ、本来ならアロマ用の容器です。
でも真ん中のあたりが柔らかく、手で押して中身を出せるので粘性の強い物の容器にも使われていて、『使えるかも?』と購入してみました♪
アロエベラを入れて与えたり、栄養スープの素を薄めて入れたりしています。
お水を飲まなくなったら、これでちょっとずつ与えようかと計画中~
フクさんの場合、シリンジを使うと患部に圧迫による痛みがかかるみたいで、今まではスプーンで1匙
ずつすくって与えていました。
今までは根気そして時間もかかっていましたが、これに変えてから時間短縮です。

いいかも
2009年07月15日 (水) | 編集 |
タヌさん&エピさん
癒されませんか、この写真♪
2にゃん並んで寝んねするとハート型に見えません?

ちなみに携帯のカメラで撮ったので、昼間ダンナにも送っておきました。

毎日増えるもの
2009年07月14日 (火) | 編集 |
時間限定をすると朝の6時前くらい。
増えるもの、それは手足の噛み傷!!

犯人はこのお方↓
エピさん

毎朝、『起きて、ご飯ください!!』
と噛み噛み。。。

たまに夢の中で『痛い?』と思って起きたら傷が増えています。
私が噛み噛みに気付いていない時もありますが。
絶妙な甘噛みで少しチクチクするくらい。
毎朝、戦っています。

ちなみにご飯は銀のスプーン・海のグルメ 白身魚のカリカリです。
甘噛みされるのは私、ご飯を入れてくれるのはダンナです。
なんか不条理です~

~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~~※~※
7/13にタヌさんのお口チェックに行ってきました。
赤みは出てきているみたいですが、体重はお口のオペ(2/18)時に4.55kg→4.75kg
で増えているのでOKです。
毎日、ご飯の催促されます。

フクさん、7/3に長期作用のステロイド注射でどれくらいの期間、効き目があるかお試し中です。
今はまだ効いていますが、お口をクチュクチュしているので、毎日いつ効果が薄れるかドキドキしています。
効かなくなると舌がベロンと出て涎がダラダラで、座っている座布団がしっとりなるので毎日カバーをお洗濯~
痛くて眠れなくなるみたいで、疲れてきって暴睡します。
そしてあまりウロウロしなくなります。

ちなみに今は家の中をウロウロしています。
おトイレに付いて来て、洗濯物を干すときも付いてきます。
甘えまくりです♪

どうか効き目が1ヶ月以上続きますように。


中々うまくいきません。。。
2009年07月07日 (火) | 編集 |
実はフクさんがあまりにも痛がる&涎が多いので7/3に通院してきました。
そしてお水を飲むとお口が沁みるみたいで、飲んでくれなくなりました。
(もちろん、自分で飲まなくなったらお食事の時のお水の量を増やしていますよ。)

治療は1ヶ月に1度しか打てない、長期作用のステロイド注射は最近したのでNG。
だから短期のステロイド+抗生剤の注射をうってもらい様子見です。

でも今日の時点で、奥歯の横は真っ赤で血が滲んで、a/d缶を与えると暴れます。
2~3日前からお試しで腎臓サポートのカリカリをお口に入れています。

1粒1粒お口に入れるので手間ですが、私の生傷が減っていいかも。
ほとんどドライに変えてから、お水を飲んでくれるようになりました。

明日に獣医さんに行って相談してきます。

フクさん
フクさんのアップ~
フクさん

~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~
元気いっぱいのエピさん。
おプッチさん達と追いかけっこしています。

見てください、お肉たっぷり。
シニア組のエピさんですが、最近のお気に入りのご飯はシーバです。。。
エピさん

フクさんの口腔の状態
2009年07月02日 (木) | 編集 |
口腔オペは6/29無事終わり、結局レーザー治療のみで終了しました。
歯がしっかり生えていたので無理やり抜くのもどうかなと思い、獣医さんにお願いしていました。
フクさん、かなりデリケート(小心者。。。)なので。

オペ後には口の中が気持ち悪いのかお水をよく飲んでいました。
その日は久しぶりに猫缶を少しだけ自分で食べてくれました。
でも。。。

次の日からステロイド注射を打つ前の状態みたいに、舌を出しっぱなしで涎がダダ漏れ。。。
痛いのかご飯のときには暴れます。
ご飯を食べないわけにいかないので、もちろん嫌がられても食べさせています。
それでも嫌われないからまあいいやなんて。

強制給餌大変ですが、フクさんと1対1に向き合えるのでフクさんが可愛いです。
強制給餌を始めた当初、耳は後ろに倒して、お目目はまん丸で瞳孔を開いて『嫌~』と分かるくらいだったので、今はそこまで嫌がら無いので良しとしています。

テレビを見ながら強制給餌をしていて、たまに画面に気を取られて見入ってしまうと
『手が止まっていますよ!!』と機嫌が悪くなります。
フクさんも実は食べさせてもらうのを楽しみにしているみたい♪
ご飯の時間になると目の前をウロウロしだすし、連れて来ても逃げずにじっと座ってますもの。

まあボチボチフクさんとの時間を楽しんでいます。

トイレにくっついて来たフクさん
結構お肉が付いて来た感じ。
フクさん