喘息持ちの私と我が家の仲良し3ニャン、保護ニャン達の日常の記録
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぜひ見てくださいね。
2009年08月05日 (水) | 編集 |
みーママさんのところから強奪してきました。
http://toranekomamire.cocolog-nifty.com/blog/

※追記:猫友さんの所よりそのまま転記します。

 

(番組情報)

 
8月5日(水)放送予定

NHK総合 19:30~19:56
BS2 24:10~24:36

ペットは泣いている
~激安競争の裏側で~

(NHK番組サイトより)
右肩上がりの成長を続けてきたペット産業。そこに今、価格破壊の波が押し寄せている。

不況の影響で消費が冷え込む一方、インターネットを通じてペットを販売する業者の新規参入が相次ぐなど、販売業者は増え続けている。
このため、価格競争がエスカレートし、そのしわ寄せはペットを直撃している。

コストを削減するために、繁殖犬に十分なエサも与えず、年に何回も子犬を産ませる
パピーミル(子犬工場)
と呼ばれる悪質な業者も登場。

一方で、飼い主の中にも、安易な理由でペットを手放してしまう人たちがあとを絶たず、 毎年、10万頭あまりの犬が行政によって処分されている。
人間の都合に翻弄されるペットをどのように守っていけばよいのかについて考える。

スタジオゲスト : 野上 ふさ子さん
    (動物保護団体代表)

NHK ご意見・お問合せページ
http://www.nhk.or.jp/css/goiken/mail.html

NHK ご意見・お問合せフォームに直接とびます
https://cgi2.nhk.or.jp/css/form/web/mail_program/query.cgi

FAX 03-5453-4000

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

私も見ました。
ついでに録画したので、必要な場合はDVDに焼きます~

生後3ヶ月未満のこどもの犬を希望する理由が腑に落ちない。
あるインタビューでは
『小さいほど一緒にいる期間も長くなって愛着もわく』
らしいです。

確かに小さな子は可愛いですが、手間かかりますよ~
小さいから病気にもなりやすいし。
生後3ヶ月未満の犬はワクチン接種がまだ出来ないから、お散歩デビューも生後3ヶ月超えて、ワクチン接種後の抗体が出来てからというのを知らないのでしょうか?
それともワクチン代ももったいないとケチるのかなあ。
でも安いからと購入する人々はきちんと病気予防や、病気になったときに適切な医療をかけてくれるか気になりますね。

それに、生後とても小さなこどもの犬で譲渡されて、3年くらいでお別れするのと、大人の犬で例えば2歳くらいの子と10年くらい一緒にいるのとでは大人の子のほうが長いかもなんてね。
それにあの環境で生まれてきた子達は、果たして無事成犬になれるかが賭けなのかもしれませんね。
劣悪な環境で生まれてくるので、母体にもかなり負担がかかっているので。


この番組を見て、フクさんはかなりに幸せじゃんと思ってしまいました。
もちろん、タヌさん、エピさん、おぷっちさん、白雪ちゃん、麟太郎もね。

フクさんの名前が書けないのが寂しい。。。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
フクさん旅立ってしまったんですね。ビックリしました。
でも大好きなぽっぽさんのもとで、眠るように旅立つことが出来て本当によかったですね。
まだまだ家のあちこちにフクさんがいて涙することがあると思いますが、愛する子への涙。いっぱい思い出してあげてくださいね。
ぽっぽさん本当にお疲れさまでした。
フクさん安らかに。天国で元気いっぱいにね。
2009/08/08(土) 09:30:11 | URL | たけちん #-[ 編集]
コメント嬉しいです
☆たけちんさん
はい、フクさんとお別れになりました。。。
フクさん自身かなりぎりぎりまで頑張っていたみたいです。
とてもプライドの高い子で、点滴の経験がほとんど無いくらいしゃんと背筋を伸ばしていた子です。
最後はお家で逝けて喜んでくれたのかなと思っています。

そういえば、エピさんとタヌさんは実家の私の部屋の私のお布団生まれなんですよ。
だから私のお布団の上で逝くことが良かったと思っています。

まだまだお家の中のあらゆる場所でフクさん見かけたので、『あの場所にフクさんよく来ていたなあ』とかって思いながら、ホロホロとしています。
2009/08/09(日) 22:42:28 | URL | ぽっぽ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。