喘息持ちの私と我が家の仲良し3ニャン、保護ニャン達の日常の記録
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとも言えないです
2012年10月16日 (火) | 編集 |
気にかけて下さってありがとう。

エピさん

最近、やっとエピさんのインシュリン量が決まりました。
だいたい1日おきでランタスを3単位です。

ただエピさんの体の浮腫が酷くて。。。
少し動くだけでハアハア言っています。
開口呼吸はしていませんが、かなり苦しそうです。

獣医さんは血糖値が下がっても、これは体が弱っている気がすると言われ、年齢的にも(エピさん17歳です)何が起きてもおかしくないと。
糖尿病だけで浮腫は考えられないし、内臓も弱ってきているのかもと言われています。

浮腫が気になるので、Creも1.9と腎臓の値も落ち着いているし、皮下点滴は止めになりました。

シンドイから動かない→浮腫が酷くて後ろ足がパンパンになってしまい、歩くのもヨタヨタです。

もちろんチッコは猫ベッドで、チッコしたら非常にこちらをじっと見て何か言いたいことあるの?と思えるくらいで。
そして見てみるとやっぱりペットシーツなどにチッコしているので、毎日洗濯とエピさんのお尻周りをホットおしぼりを作って(濡らしてレンジでチン!)拭いています。

それから浮腫対策にもう一つ。
心臓のお薬が追加になりました。
ベドメディン1.25mgを1日1回半錠からスタートです。

それとご飯は糖ーコントロールの粒が大きくて飲み込みにくいみたいで、ハサミで半分に切っていましたが手間がかかるし、エピさんが嫌がって食べてくれないので、ヒルズのm/dに変わりました。
獣医さんの許可を得て、腎サポとm/d と半分ずつあげています。

何が一番つらいかと言うと、私が喘息持ちなので呼吸の苦しい辛さを身をもって知っているので、呼吸が苦しそうな様子を見るのが一番キツイです。

咳き込まれたり、寝返りを打ってハアハアされるともうドキドキです。
もちろん背中をさすってあげていますが。

少しでも心臓のお薬が効いてくれますように。

ちなみに一時エピさんの体重が6.7kg→6.8kg→7.0kgとなったのですが、6.7kg→6.55kg(10/16)になりました。
体重が減るのも嫌ですが、変に増えるのも気持ち悪いですね。

エピさん

今回、本当に自分ひとりでは何も出来なかったな、支えられているのだなと実感しました。
ダンナにしろ、いつもお世話になっている猫ボラのUさん、休診日でもエピさんのインシュリンを打つ日にあたれば診て下さって感謝しています。
もちろん訪問くださった皆さんありがとう。

少しでもエピさんの症状が楽になってくれますように。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。