喘息持ちの私と我が家の仲良し3ニャン、保護ニャン達の日常の記録
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は大変だったんです
2012年11月05日 (月) | 編集 |
実は10/18にエピさんの採血中に暴れて牙が入ってしまい、昼過ぎに病院に行きました。
んで結局、木金土日と(日のみ救急外来で点滴のみ)抗生剤の点滴を久しぶりに受けました。
いやあ、怪我をしていない右手のみしか点滴できないので、同じ箇所ばかりの点滴になり痛かったです。。。
手の怪我


んで犯ニャンのエピさん。
でも痛い採血を我慢してくれていたので、エピさんに文句は言えなかったです。。。
エピさん


エピさん、倒れた当初は素人目にも明らかな浮腫があって、本当に辛そうでした。
そして足にむくみが来て、後ろ足がパンパンに腫れているときもありました。
そういう時でも体調がよければお水を飲みに行ったりしていました。
エピさんのむくんだ後ろ左足

体全体の浮腫はべドメディンを飲み始めてからなかり改善されて、それが改善されて本当に嬉しかったのを覚えています。
あの状態(浮腫が酷いとき)に亡くなっていたら、もっと悲しかっただろうなあと思います。
ご飯はドライを私が口の中に入れていましたが、エピさんの体重6kgに対して、あげていた量は最低量(3kgの体重の子用でした。。。)だったので、負担が少なかったと勝手に解釈しています。

もちろん、色々ああすれば良かったかな?こうすれば良かったかな?と思うときは多々ありますが、いくら思ってもエピさんが生き返るのでもなく、それだったら可愛かったエピさんを思い出そうと思っています。

だから以前のエピさんの写真がこれからも登場します~
いっぱい動画も写真も撮っていたので、当分、涙ぐみながら写真の整理をします。

 にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ にほんブログ村 猫ブログ 兄弟猫・姉妹猫へ にほんブログ村  ポチっとよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。