喘息持ちの私と我が家の仲良し3ニャン、保護ニャン達の日常の記録
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日
2015年06月07日 (日) | 編集 |

 

1枚目写真
タヌさんと昨日一緒に寝ました。
実はごんちゃん、たまにタヌさんに寄り添ってくれてて、昨日の夜中も背中をタヌさんの手てに付けて寝てくれてました。
今日見たら、やっぱり傍にいますね。
2枚目写真
タヌさんをお見送りの写真。お腹の傍のピンクはタヌさんの靴下です。
サポーター変わりに使ってました。

そしてよく抱っこしていた、黄色いチェックの布が抱っこひもでそれも一緒に。
スリング部品は金属なので、朝必死に外してました。そして食いしん坊タヌさんにはやはりご飯。
最後はあまり食べれなかったけど、沢山食べて足りなかったらもらいにたまに帰ってきてね。


今日、ダンナと斎場の帰りに、タヌさんのことを話してました。

タヌさん必死に一生懸命に生きたよね。
猫はプライドの塊やから、チッコを見られるのを嫌がるし、チッコ介助なんてとてもとても。
嫌なら鳴いたり引っ掻いたり、キックしたり。
タヌさん鳴いたのはいつやった?ってくらい鳴かなかったし、2月か3月にンコさんするときにうまくいかなくて、アオンアオンって言ったような。
鳴くと体力奪われるから鳴かず、体力温存して、チッコは手伝ってもらうと楽と思ってたのか。

腰は曲がったり、ヘルニアっぽいものもあって、痛かっただろうにニャンニャン鳴かず。
後ろ足は歩かないから、曲がって、筋肉も落ちて採血できるくらいの最低ラインの筋肉でした。

そして歩かなくなってたのに、たまに足を少し根性で動かしてたのか、床擦れは無かったです。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。