喘息持ちの私と我が家の仲良し3ニャン、保護ニャン達の日常の記録
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコさんを見てあれ?と思ったら
2016年08月07日 (日) | 編集 |
私はまず獣医さんに相談しにいきます。

特に食べなくなってきたとか、痩せてきたとか。

いくら老齢期のネコさんでも元気に長生きして欲しいですもの。
目指せ!!20歳の天使ねこタヌさん!!ですよ~

お口の痛い麟ちゃんは2月くらいには食べなくなって、皮下点滴をしてもらってましたが今では持ち直してくれてます。
それでも一日2回の胃腸の運動を促進する薬は飲ませてます。

長期で飲んで良いお薬とは思えませんが、今のところご飯を食べてくれているので、薬が無くなる前に獣医さんにお薬だけもらいに行ってます。


最近は8/4におプッチさんの右目が真っ赤になっていて、獣医さんで点眼薬をもらってきました。
(初回)はおプッチさん同伴です。

毎日、一日4回くらいせっせと点眼してます。


~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~※~
ここからはペットに少し言葉がキツイかもです。

動物の医療は本当にできることが少ないです。

通院して高度医療とかは求めないですが、せめてご飯をたべなくなってきたとか、だんだん痩せてきてとかの段階で一度獣医さんに相談してもらえたらって思います。
シニア用のご飯に変えたり、各療法食に変えるだけでも全然違いますから。

仮に心臓が悪くてもお薬を飲ませるとか、腎臓のろ過機能が壊れてきても皮下点滴で毒素を薄めて、ちっこをたくさんしてもらうとかしかできません。
人工透析なんて高価で普通の獣医さんにはありませんし、需要もありませんしね。
ネコに8時間もじっとしていて言えませんしねえ。

ちなみに20歳で天使ねこになったタヌさんの兄ねこエピさんは、腎臓の数値が高くなって皮下点滴をしてもらってましたが、さらに数値が上がったら静脈点滴です。
腎臓の数値が上がったと分かったのは、たまたまです。
『なんだか最近、よく鳴くなあ、声大きくなったなあ』ってだけで特にほかは気づきませんでした。

ご飯って大事ですよね。
療法食や各ステージ(子猫とか成猫、老猫)ごとのフードは与えてあげてくださいね。
そんなんもったいないとか、お金が無いとかの場合は愛玩動物である猫さんを飼う(もしくは一緒に暮らす)資格は無いと思ってます。

今回jは少しキツイ内容になってしまい、スミマセン。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
前のコメントで…
説明が足りませんでしたね、ごめんなさい。

血検や尿検に異常なくの体重減少です。背中を触ってて痩せたか?と感じて泌尿器系を疑い(過去に急性腎不全になった子や尿路結石の子もいました)受診しましたが結果は正常値。ご飯はシニア用やら高栄養食の缶詰やらフードジプシーしながら…ご飯はいつも通り食べるのに緩やかな体重減少で5キロから4キロを少し切るまで落ちその後は変わらず。
強制的に食べさせると嫌がって体力消耗するので必要最低限にしてました。

風雅が亡くなった後から眠る時間が増えました。苦しんだり痛がったりな様子もなく穏やかに静かに気持ち良さそうに眠ってました。

風雅が一方的に怒ってしまい元気な時はちっとも近寄れなかったけど、最期の時間は茶巾が離れようとせずずっと寄り添ってました。風雅に何か伝えてたのかなって思います。

その後の検査でも異常はなく、“シニア年齢だし、この子の寿命だと考えよう”ということで、何かあれば電話相談&受診ということで経過観察してました。

老衰って動けなくなって寝たきりなってご飯も食べなくなって徐々に死へ近付く…なイメージがありましたが、前日は動けてたのに今朝はもう起きあがれない、亡くなっているという突然死のような死に方ですね。

“動物は坂道ではなく階段を降りるように衰弱する”って納得です。

主治医とは30年の付き合いで治療方針、延命&緩和の判断等の基本的な事は確認せずとも…な関係です。が、以前は私一人だったけれど、今は子供達も含めてどうすべきか考えて動いています。

今は12月で11歳になる大型犬の血尿→膀胱ポリープ発見、高齢なので手術はせず投薬治療を始めたところです。

リンパ腫瘍や口腔癌の犬猫もいました。病気無しで亡くなる子の方が少ない飼い主ですm(_ _)m

説明不足で不信感を持たれたんですね。
なかなか上手く伝えられなくてごめんなさい。
2016/08/11(木) 10:10:15 | URL | ikuママ #oyUv4a/.[ 編集]
それから…
風雅とお別れして間もなく茶巾とのお別れになりました。

風雅が居なくなってからは元気なさげに見えましたから、一緒に暮らしてた子が死んでしまった事によるストレスってのは関係ないのかな?とも思い質問しましたが獣医には否定されました。

茶巾より先にお別れした子達の最期は必ず彼が寄り添ってました。お別れ後は数日間探し歩いて家中をウロウロしてましたが風雅とお別れした後はそんな様子はなく眠る時間が増えていきました。

動かないようにして体力温存してたのかなって思います。
2016/08/11(木) 16:08:57 | URL | ikuママ #oyUv4a/.[ 編集]
あくまでも
☆ikuママ さん
私の日記なので、大作コメントで事情説明はいらないです。
都会ネコの掲示板でもありませんので。

すみません。

今こういう状態でというなら、無い頭の中の知識とかを引っ張り出してきて、うーんうーんと考えてコメントするのですが。。。
茶巾ちゃんのことはもうお空に引っ越ししているので、こうだったと言われても非常に困ってしまいます。
どうやってコメントレスするか難しいです。

今はおプッチさんのお世話で精一杯です。


これはあくまでも私の日記ですので、私が不適切と思われるコメントは削除させていただくこともあります。

ご自分の日記で茶巾ちゃんの事などを記録されることをぜひお勧めします。
2016/08/12(金) 00:20:22 | URL | ぽっぽ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。